お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


詐欺師の「情報の聞き出し方」

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”TBSラジオで放送中の「生島ヒロシのおはよう一直線」(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードにをコンセプトに生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週火曜日の5時45分頃からは、「うるおい生活講座〜いきいき老活塾〜」

今朝は、詐欺・悪徳商法評論家の多田文明さんに、詐欺や悪徳商法に騙されないための心構えを伺いました。

お金に困らない老後の生活術!

詐欺がなくならない理由のひとつは、「詐欺犯は“情報の聞き出し方”が極めて巧みである」ということ。息子を騙った詐欺犯が「オレオレ」と母親に電話をかけたとき、「オレ」と言われると、つい「○○かい」と名前を言ってしまう。すると、息子になりすました犯人は「そうだよ、電話番号が変わったから、メモしておいて」などと話し始めるわけです。

もし、母親が「オレ」と言われて不審に思って、相手が本当に息子なのか確かめるために「最近、学校の試験はどうだった?」などと尋ねたとすると、「息子が学生である」という情報を相手に与えてしまうことになります。

このように詐欺犯は、相手の口から自然と話をさせるよう仕向けてくるのです。ターゲットの情報を集めたうえで電話をする詐欺犯もいますが、電話帳だけをみてアトランダムに電話をかける場合も多く、こうした「聞く7:話す3」の会話から情報を収集しているんです。ビジネスでも使える会話術ですが、こういったテクニックを悪用する人もいるということを心に留めておいてください。

今朝、お話頂いた内容は、プレジデント社から販売中の多田さんの本『ワルに学ぶ黒すぎる交渉術』で詳しく紹介されています。ご興味のある方は、是非、ご一読ください。

ジュンク堂の大阪本店で、今週7日(金)の19時から、多田さんの『ワルに学ぶ黒すぎる交渉術』刊行記念販売会&サイン会が行われます。お問い合わせは、ジュンク堂大阪本店の店舗へ直接お願いいたします!